田七人参/三七人参,冬虫夏草,マカ,サフランなどの高貴漢方薬・生薬伝統薬膳販売100%正規品|中国直送「万隆堂」!
万隆堂

ホーム > 田七人参/三七人参

人気キーワード

田七人参の効果と役割:しみの不思議な効用

作者:万隆堂    日付を追加する:2015-09-21

 田七人参の効果と役割:しみの不思議な効用;生活の質が良くなり今多くの人は薬草の植物の理解はそう多く.田七人参植物として薬草の1種の人々の理解も少ない.三七の効果と役割が多く食用ニンジンの特定の人の群れのメリットは非常に多くの、、、。 ニンジンの使用することができますいくつかの治療薬として病気で、たくさんの人がいくつかかの薬が合成で皆がはっきりしないそれは 田七人参」。生活の中で、 田七人参の他の効果効能」も多く、下三九小編来をみんなに解説...

田七人参粉の正しい食べ方

作者:万隆堂    日付を追加する:2015-09-21

田七人参粉は1種のとても良い漢方薬材は、植物の根莖ず製品も、雲南百薬の主要成分.田七人参粉に含まれるトリプトファン多種サポニン、田七と少量のフラボノイド.は補血、血管の拡張、鎮痛抗炎、抗腫瘍免疫調節などの作用.   田七人参センバイモシェリー 材料 田七人参の15グラム川貝12グラムシドニー6つのもち米100グラム、、、、トウガン100グラム、氷砂糖の150グラム、ミョウバン適量。   やり方 1、もち米を蒸しご飯、クリーンな割に切って、冬瓜...

田七人参の「肝機能を高める|免疫力を高める|血糖値を下げる」効果

作者:万隆堂    日付を追加する:2015-01-19

  田七人参の「肝機能を高める|免疫力を高める|血糖値を下げる」効果       ●肝機能を高める効果 ?田七人参には肝細胞を再生する働きがあり、肝障害[※1]から肝臓を保護する効果があります。 そのため、アルコールが原因で引き起こされる肝機能の低下にも効果が期待されています。 肝臓の70%を切除した後に田七人参を投与すると、肝臓細胞の再生促進効果や保護効果、肝循環改善効果などがみられたとの報告もあります...

田七人参の副作用

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-12-14

田七人参の副作用とは?    1、月経期間を使用しないでください。田七人参粉末は化瘀の妙薬ですが、月経の時に服用して、出血やすく、多すぎて、もし血瘀型月経不順で血行をよくすることは、田七化瘀て調理することができます。   2、妊娠期間は服用しないでください。これは最も基本的な常識、妊婦は妊娠期間は何薬を服用しない!   3、田七人参熟飲食と生食の効果は同じではない   4、症状によっては、薬...

田七人参のダイエットに効く

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

田七人参のダイエットに効く   田七人参は収穫までに手間のかかる植物で、古来から中国では「金不換」と呼ばれお金にも換えがたい貴重な秘薬と言われていました。その薬効は非常に高く漢方では「上薬」に位置し、多量に長期間飲んでも副作用がないと言われています。 なぜ田七人参がダイエットに効くの?   田七人参には豊富に【サポニン】が含まれており、この【サポニン】がダイエットに優れた効果を発揮します。   ?肥満を予防する効果 &...

田七人参で免疫力を高める

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

田七人参で免疫力を高める   田七人参には、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果があることを紹介していきます。 免疫力を上げて病気を予防する   田七人参に含まれている成分には、免疫力を向上させる効能があります。その主な成分は、サポニン、フラボノイド、有機ゲルマニウムです。これらの成分の相乗効果が得られるのも、田七人参のメリットでしょう。   活性酸素を除去して血液を浄化するサポニンや、抗菌作用のあるフラボノイドなどが、免疫力...

田七人参でホルモンバランスを保つ

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

田七人参でホルモンバランスを保つ   田七人参のホルモンバランスを整える効能について解説していきます。 田七人参でホルモンバランスを整える   田七人参は、更年期障害や婦人病の予防?緩和にも良いと言われています。田七人参に含まれるサポニンやアルギニンには、ホルモンバランスを整える作用があるからです。   女性の更年期障害や月経不順などは、女性ホルモンの分泌が減少し、ホルモンバランスが乱れることが原因で引き起こされます。こうした症...

田七人参で慢性的な疲労を改善

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

 田七人参で慢性的な疲労を改善!   田七人参の疲労回復?強壮効果について解説していきます。 疲労回復に効果的な田七人参の成分   田七人参には、疲労回復に効果のある成分が豊富に含まれています。その成分とは、サポニン、アルギニン、鉄分などです。   田七人参の主成分であるサポニンには、糖質や脂質を効率よくエネルギーに変える働きがあるため、疲労回復につながります。アルギニンは、強壮効果のあるアミノ酸です。そして、...

田七人参で肝機能を強化する

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

 田七人参で肝機能を強化する。「肝機能を活性化」   田七人参には、肝臓の機能を活性化する効能があることを紹介していきます。 肝機能を強化する田七人参の成分   田七人参には、肝機能を高める成分が含有されています。それは、田七人参の主成分であるサポニンと、アミノ酸の1種であるアルギニンです。サポニンには、肝臓の炎症を抑える効果も認められています。田七人参の肝機能強化作用で、健やかな肝臓を維持していきましょう。  ...

田七人参で心臓の機能を高める

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

田七人参で心臓の機能を高める。田七人参には、心機能を高めて心臓病を予防する効果があることを紹介していきます。  田七ケトンで心臓の負担を軽減する   田七人参に含まれているサポニンや田七ケトンには、心臓の負担を軽減する効果があり、心臓病の予防や改善に有効です。特に田七ケトンは、心筋の酸素消費量を減らして、冠状動脈の血液量を増やし、心臓の機能を高めてくれます。   田七人参の飲用によって、心筋梗塞、狭心症、不整脈などの心臓疾患の予防?...

田七人参は血液サラサラで高血圧、高脂血を予防

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

 田七人参~血液サラサラで高血圧?高脂血を予防。田七人参の主成分であるサポニンには血液を浄化する効能があり、田七ケトンやデンシチンにも血液をサラサラにする作用があります。血液をキレイに浄化することで、自然と血圧が下がるというわけです。また、血流が良くなることで、肩こりを解消する効果も期待できますよ。   田七人参の血液浄化作用が、高血圧予防やコレステロール抑制に有効なことを解説していきます。   さらに、田七人参には血中のコレステロー...

田七人参と高麗人参との違いは?

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

田七人参と高麗人参との違いは?   薬用人参として知られている田七人参と高麗人参には、特長や効能にどのような違いや共通点があるのかを解説していきます。 田七人参は薬効を持つ人参の王様   田七人参と高麗人参は、共に薬効の高さで知られている植物です。どちらもサポニンを含有していて、血液の浄化、免疫力を高める、疲労回復、強壮効果などの作用があります。   日本ではどちらかといえば高麗人参のほうが有名ですが、より効能に優れているのは田...

田七人参の成分で血糖値を下げる

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

  田七人参 の血糖値を抑制効能?効果   田七人参サプリメントには血糖値を下げて糖尿病を予防する効果があることを紹介していきます。 田七人参の成分で血糖値を下げる   田七人参に含有されているサポニンとパナキサトリオールには、血糖値を抑制する作用があり、糖尿病の予防に有効です。特にパナキサトリオールは、食後の血糖値上昇を抑えるだけでなく、空腹時の血糖値も下げる効果が高い成分として注目されています。パナキサトリオー...

田七人参の両面性について

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

 田七人参の両面性について   田七人参が高い健康効果を持つ理由の1つに、「両面性」を持っていることが挙げられます。この両面性とは、血圧低下と血圧上昇、止血と溶血など、相反する作用のことです。   これらの効能は正反対ものなので、同時に得ることはできないように思えますが、漢方薬やその素材の中には同時に得られるものも存在します。田七人参も、その一つというわけです。   両面性の作用を血圧でたとえると、血圧が高くなっ...

田七人参の生産地

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

田七人参 の生産地は雲南省文山地区はこんな所です。標高1500?2000m、年間平均気温は15?19℃の山岳地です。田七人参は中国雲南省の山岳地帯で栽培されています。田七人参の最も有名な産地であり、その他の特産物には唐辛子やタバコ、八角などがあります。ベトナムに接し、チワン族、ミャオ族などの少数民族が人口の半数以上を占めています。

田七人参の有効成分

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

田七人参の有効成分、サポニンの総含量は約12%!!高麗人参の3倍以上含まれています。これらのサポニン成分が田七人参の働きを左右しています!田七人参の有効成分はトリテルペン系サポニンを3?8%含み、その主成分はginsenoside Rb1、Rg1、Rg2です。   田七人参また、鉄?カルシウム?タンパク質?糖などを豊富に含みます。 その他、少量のginsenoside Ra、b2、d、eを含み、Roはないか、あっても極めて微量です。精油成分は人参に比べて、その種類が少...

田七人参について記載された古典のご紹介

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

 田七人参について記載された古典のご紹介!本草学とは、中国の「薬物についての学問」をいい、その知識をまとめた書物を『本草書』と呼びます。本草の語源、この語ができた時期などは不明ですが、前漢の末期には存在していたと記録されています。 薬物についての研究は本草書を中心にして行われ、その成果はこれらの書の中に蓄積されてきました。 田七人参は、これらの中国で最も古く権威のある本草書において、その薬能が記載されている生薬。それらの本草書の中で、田七人参の薬能がどのように記載されて...

田七人参の働き 効果 効能

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

 古くから生薬として知られていた田七人参。 世に知られるようになったのは、 止血薬として使われ始めた1960年代からでした。   田七人参の働き 働き   止血、消腫(しょうしゅ:腫れ物を消すこと)、鎮痛、消炎、強心薬として、打撲、ねんざ、吐血などの出血症状、冠状動脈疾患、狭心症、高血圧、心筋梗塞などに用いられます。中国では臨床的に止血作用、抗真菌作用、強心作用が認められており、また急性、慢性肝炎などにも用いられています。

田七人参の形態

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

田七人参の形態:草丈30?60cmになります。根は太く多肉質で倒円すい形または円柱形であり、こぶ状の突起があります。表面的に光沢があり黒褐色をしており、部分的に灰黄色のコルク層があります。 茎は直立して、分枝しません。葉は小葉が葉軸の左右に羽状に並んだ羽状複葉(うじょうふくよう)で、小葉は5?7枚ほどつけます。卵を逆にしたような倒卵形、または長皮針形をしています。また、長さは5?15cmほどになり、葉の先が鋭く尖っていて、細く密にぎざぎざの切れ込みが入ったきょ歯縁をしています。花期は6?8月で...

田七人参の分布

作者:万隆堂    日付を追加する:2014-07-02

田七人参 の栽培は、古来から雲南省と広西省がほぼ独占状態であり、高価な換金生薬でありながら、ほとんど広がっていません。特に雲南省南部のベトナム国境に近い文山は田七の里として有名です。中国以外ではベトナムでも一時栽培が試みられたことがあり、採算性の点から撤退していましたが、最近また中国から植物を導入し、栽培を始めたとの情報もあります。 海抜800?1,000mの山脚斜傾地で育成し、栽培は容易ではなく、播種後3?7年たたないと採掘できないことから、産地の雲南省では「三七」(さんし...
総計 24 レコード 1 2
配送方法 | 【万隆堂】を初めてご利用の方 | 会社概要 | 健康情報 | sitemap