天麻(テンマ・てんま)雲南昭通産野生天麻 250g
万隆堂

お勧め商品

ホーム > 雲南土産 > 天麻 > 天麻(テンマ・てんま)雲南昭通産野生天麻 250g

天麻(テンマ・てんま)雲南昭通産野生天麻 250g

天麻(テンマ・てんま)雲南昭通産野生天麻 250g
  • 顧客様のレビュー: comment rank 5
  • 商品番号 :VKP000083
  • 商品規格:250g
  • 市場価格:21600円 当店売価:18000円
  • 購入量:
  • 天麻(テンマ・てんま)雲南昭通産野生天麻|中国直送【万隆堂】雲南省麗江・昭通産のものが良品とされる.天麻(テンマ)には、鎮静、鎮痙薬として頭痛、めまい、ヒステリー症、てんかん、半身不随、手足の痙攣、疼痛、リウマチ、関節痛、冷えや冷え性の生薬などの膝腰の痛みなどに応用する。強壮作用があり。

商品詳細:

 
 

天麻(テンマ・てんま)雲南昭通産野生天麻 250g

天麻(テンマ・てんま)雲南昭通産野生天麻 250g

 

天麻(テンマ・てんま)雲南昭通産野生天麻 250g

天麻(テンマ・てんま)雲南昭通産野生天麻 250g

 

 

 
天麻(テンマ、てんま)とは?

処方用名:天麻、天麻片、明天麻、煨天麻、テンマ。

【基原(素材)】天麻はラン科のオニノヤガラの根茎の外皮を去り湯通しして乾燥したものである。神農本草経 上品、自生品であるが、栽培品も出回る。


※性:生薬はその性質によって大きく「寒・涼・平・熱・温」に分かれます。例えぱ、患者の熱を抑える作用のある生薬の性は寒(涼)性であり、冷えの症状を改善する生薬の性は熱(温)性です。寒性、涼性の生薬は体を冷やし、消炎・鎮静作用があり、熱性、温性の生薬は体を温め、興奮作用があります。
※味とは薬の味のことで「酸・苦・甘・辛・鹸」の5種類に分かれます。この5つの味は内臓とも関連があり、次のような性質があります。


「酸」(酸味)=収縮・固渋作用があり、肝に作用する。
「苦」(苦味)=熱をとって固める作用があり、心に作用する。
「甘」(甘味)=緊張緩和・滋養強壮作用があり、脾に作用する。
「辛」(辛味)=体を温め、発散作用があり、肺に作用する。
「鹸」(塩味)=しこりを和らげる軟化作用があり、腎に作用する。

 

「成分」バニリールアルコール、バニリン、微量のビタミンA。
「名医別録」癰腫を消し、下肢満、疝、下血を療す。
「産地」中国(雲南、四川、貴州、湖北省など)。雲南省麗江・昭通産のものが良品とされる。日本各地、台湾。

 

 

●天麻(テンマ、てんま) 薬効|薬理作用|用途|効能 

【薬効】鎮痙作用  鎮静作用  強壮作用 抗けいれん作用 鎮痛作用。

【薬理作用】抗痙攣、肝気の高まりによる頭痛・めまい・ふらつきに使用されます。血小板凝集抑制、脂質過酸化抑制、インターフェロン誘起、マクロファージ活性化。

【用 途】天麻(テンマ)には、鎮静、鎮痙薬として頭痛、めまい、ヒステリー症、てんかん、半身不随、手足の痙攣、疼痛、リウマチ、関節痛、冷えや冷え性の生薬などの膝腰の痛みなどに応用する。強壮作用があり。

【効能】
熄風解痙、平肝潜陽
1.熄風内動、驚癇痙攣などの証に用いる。
天麻は熄風解痙、肝風内動に対する主薬で、また驚風痙攣の証に対して、寒証、熱証にかかわらず、ほかの薬物と配合して使用することができる。
2.肝陽上亢による眩暈、頭痛などの証に用いる。
天麻には著しい平肝潜陽の効果があり、よく釣藤鈎、黄芩、牛膝などを配合して、肝陽上亢による眩暈、頭痛の治療に使用する。
3.眩暈、とくに肝風内動による眩暈に効果がある。
古人は経験的に、“眼虚して頭旋し、虚風内におこれば、天麻にあらざれば除くことあたわず’と述べている。
現在、天麻を高血圧症・メニエル病・脳動脈硬化症・虚弱体質の眩暈などに使用して一定の効果を得ている。
4.頭痛、とくに肝風や痰湿による偏頭痛に効果がある。
5.湿象が顕著な痺証で、四肢のしびれ・運動障害があるものに用いる。
6.筋肉攣縮に、他の熄風鎮痙薬を配合して用いる。
・風の邪気を除去し痙攣の予防。
・肝機能の高ぶりを抑える。
・頭痛やめまいの治療に。

 

 

●天麻(テンマ、てんま)の二味配合作用

①天麻+沢瀉;鎮暈作用。
胃腸機能の低下による痰飲の胃内停水が、肝風に巻き上げられ旋風(つむじかぜ)と化し、頭痛眩暈を生ずるものを、利水し、平肝熄風します。
②天麻+沈香;鎮痙鎮静作用。
虚証の肝気上攻してふるえ、痙攣、小児のひきつけ、意識障害、ヒステリーなどを鎮痙・鎮静します。
③天麻+釣藤鈎:平肝熄風作用。
肝陽化風して頭痛眩暈、てんかん等を平肝熄風します。

 

天麻(テンマ、てんま)レシピ

※いくら食べても、栄養がある!どうやって食べるのはあまり食べたい!

 

1.<天麻酒 (てんましゅ)>
天麻の細かく刻んだもの百グラム、甘味料二百グラム焼酎一リットル、以上を壜につめ冷暗所に貯蔵する。強壮、強精の効ばかりでなく鎮静の効も期待できる薬酒である。複方酒として川芎を加えると性的神経衰弱に効果があるといわれる。

 

2.<天麻、何首烏と魚の頭の蒸しスープ>
栄養ポイント:肝臓に良いとともに、脾臓を健やかにし、袪風の作用がある。


材料
・(3~4人前)
・生姜天麻薄切り 40g(約1束)
・何首烏薄切り 20g(約10片)
・原色当帰薄切り 8g(約4片)
・枸杞子 20g(約1大さじ)
・珍品なつめ 20g(約5個)
・豚スネ肉 300g
・大きな魚の頭 300g(約1個)
・しょうが 10g(約3片)
・米酒 少々
・塩 適量

作り方:
・生姜天麻薄切りは水で1時間浸して、洗っておく。
・何首烏と原色当帰薄切りは水で洗っておく。
・珍品なつめは種を取り除いて、枸杞子とともに洗っておく。
・魚の頭は洗って、水分を取っておく、しょうがは皮を削ってスライスにしておく。
・豚肉を角切りして、お湯で灰汁を取ってから洗っておく。
・1さじの油でしょうがを香りが出るよう炒める。魚の頭を山吹色に焼き、米酒を加える。
・すべての材料をキャセロールに入れてから、お湯を入れる。2時間ほど蒸して、塩を入れて出来上がり。


3.<天麻魚頭(オニノヤガラと鯉の姿蒸し)>
栄養ポイント:肝を柔軟にする。ひきつけに良い。血の巡りを良くする。のぼせ・頭痛・立ちくらみ・手足のしびれ・高血圧・めまいなどによいといわれる。

材料
(4人分)
天麻5g
センキュウ・ブクリョウ・各3g
鯉1匹、長ネギ1本
生姜少量
ピーマン・赤ピーマン各1個
米のとぎ汁50cc
醤油・紹興酒・塩・砂糖・胡椒・ごま油・水に溶いた片栗粉適量

作り方
1、鯉のうろこと内臓を取り除き、水洗いする。
2、センキュウ・ブクリョウ・天麻を米のとぎ汁に入れ柔らかくなるまで漬けておく。
3、2の天麻を取り出し、細かくする。
4、3を鯉の頭や腹に詰める。さらに器に入れセンキュウ・ブクリョウをよく水気を除いてからからまぶし、生姜ねぎを半量乃背乗せ、紹興酒・塩・胡椒をふりかけ、蒸し器にて30分蒸す。(ねぎ・生姜は捨てる)
5、4の汁を鍋に取り出し、砂糖・醤油・ゴマ油を加えて煮込み、同量の水で溶いた片栗粉でとろみをつける。
6、ピーマン・赤ピーマンは千切りにし、さっと湯に通し、水気を切り、残りのねぎと混ぜ合わせる。
7、4の魚を皿に盛り付け、6の野菜を乗せ、5をかけて仕上げる。

 
他の詳細
商品名称 天麻(テンマ、てんま)
別名 天麻、天麻片、明天麻、煨天麻、テンマ 「名医別録」癰腫を消し、下肢満、疝、下血を療す。
貯 蔵 密封。光を避け、乾燥した所に置いてください。
商品製作 [産地]中国(雲南、四川、貴州、湖北省など)。雲南省麗江・昭通産のものが良品とされる;[加工]万隆堂

 

 

レビュー(全部で0個のコメント)

  • まだいかなるユーザーの評論がありません
総計 0 レコード,全部で 1 ページ。 第一ページ 前ページ 次のページ 最後のページ
メンバーID: 匿名
タイトル:
評価:
本文:
認証コード: captcha
配送方法 | 【万隆堂】を初めてご利用の方 | 会社概要 | 健康情報 | sitemap