血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)活血化瘀|月経不順
万隆堂

お勧め商品

ホーム > 薬用酒|茶|薬膳|煎じ薬 > 血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)活血化瘀|月経不順

血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)活血化瘀|月経不順

血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)活血化瘀|月経不順
  • 顧客様のレビュー: comment rank 5
  • 商品番号 :VKP000118
  • 商品規格:81g
  • 市場価格:9600円 当店売価:8000円
  • 購入量:
  • 血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)は当帰,芍薬,川芎,柴胡,紅花,牛膝,枳実,甘草,地黄,桃仁など漢方高級生薬を配合する【煎じ薬 】子宮筋腫,頭痛,頭重,慢性肝炎,肝硬変,瘀血症,行気活血化瘀の方に大変効果があります。二十年の信頼の老舗|中国直送【万隆堂】健康は、自分で守りましょう。 血府逐瘀湯をご自分で作ってみませんか? 第一に 安全・安心です。

商品詳細:

 

健康は、自分で守りましょう。 血府逐瘀湯をご自分で作ってみませんか? 第一に 安全・安心です。

●血府逐瘀湯(けっぷちくおとう) とは?

処方名:血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)ケップチクオガン
方解:桃紅四物湯(活血化瘀、養血)と四逆散(行気和血、舒肝)の上に桔梗、牛膝を加えて組成する。血(古く汚れた血)を取り除き、血をきれいにし、血液の循環をよくする薬です。

血府逐瘀湯~瘀血【おけつ】の改善
瘀血とは、体内で血液が、ある一定の場所で滞留し、劣化する状態のことです。血液の循環が悪くなると、頭痛、頭重、肩こり、のぼせ、動悸といった症状があらわれます。
これは、本来サラサラ流れるべき血液が、いろいろな原因で流れが悪くなっているからです。この血行不良の状態を「血瘀症」と言い、中年以降の方や、高血圧傾向の方に大変多い病気です。瘀血を取り除き、血液新鮮なサラサラの流れに変える漢方薬(中成薬)を「活血化瘀剤」と言います。

 

血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)材料

当帰(9克)……セリ科トウキの根。 補血、強壮、鎮痛、鎮痙、通便の効果。
赤芍薬(6克)……ボタン科シャクヤクの根。鎮痛、痙攣、収斂の効果。
川芎(センキュウ)(4.5克)……セリ科センキュウの根。活血、強壮、鎮痛、鎮静の効果。
柴胡(サイコ)(3克)……セリ科ミシマサイコの根。解熱、消炎、鎮痛、鎮静の効果。
生地黄(ジオウ)(9克)……ゴマノハグサ科の多年草ジオウの根。血流増加、血圧降下、利尿の効果。
甘草(カンゾウ)(6克)……マメ科カンゾウの根。鎮痛、抗炎症、胃痛改善、解毒の効果。
桃仁(トウニン)(12克)……バラ科モモの種子。月経調整、活血、排膿の効果。 
桔梗根(キキョウコン)(4.5克)……キキョウの根。去痰、鎮痛、鎮静、解熱、抗炎症、抗腫瘍、抗潰瘍の効果。
紅花(コウカ)(9克)……ベニバナのこと。活血化瘀、通経、養血の効果。
牛膝(ゴシツ)(9克)……ヒユ科イノコズチの根。「瘀血」を治す要薬といわれる。
枳実(キジツ)(6克)……ミカン科ダイダイの未熟果。瀉下、健胃の効果。

 

●作り方|食用方法|飲み方

「煎じる」という意味は、生薬を水などで煮て、その成分をしみださせることです。その煎じた汁を煎汁あるいは湯液といってこれを飲むわけです。漢方薬、生薬は毎日煎じ、その日のうちに飲むのがよろしいです。一日量を三回分に分け、食前または食間(食事と次の食事の間の空腹時間) に服用するのが原則です。

 

煎じ方の基本:

1.まず煎じる容器を用意する。土瓶などの焼き物か、ガラス製のものが一番いい。ホウロウびきやアルミ、アルマイトのやかんでもよいが、鉄や銅のものはさける。
2.容器の中へ一日分の漢方薬、生薬(以上の材料)をバラにして入れ、水を加える。水の量は大人では普通600mlぐらいである。
3.次に火にかける。火は中火より少し弱くする。5分か10分で沸騰してきたら火をさらに弱くして煮こぼれないようにして、軽く煮立つようにする。このとき容器のふたはとっておいてもよい。(揮発成分の多い生薬の場合は蓋をしたほうがいい)
4.容器のなかの水の量が約半分に減ってきたら、火からおろし、ただちに茶こしなどで、「かす」をこしてとりさる。カスを薬液のなかにいれたままにしないほうがいい。水の量が約半分に煮詰まるまでの時間は約30分位が最適で、そのように火加減をすると良い。水の量が半分になったのを知るには、煎じるまえに薬と半分量の水を入れ、そのときの水分位置を覚えておくとよい。
5.朝、晩と1日2回に分けて飲んでください。温かいうちに飲んだほうがいいですが、夏の暑いときなどは残りは冷蔵庫の保管し温めなおして飲んでもよろしいです。

 

●血府逐瘀湯(けっぷちくおとう) 効果|効能

活血化瘀剤の最も著名な薬で、上焦(胸部)の瘀血(おけつ)を治します。
●瘀血(おけつ)(古く汚れた血)を取り除き、血をきれいにし、血液の循環をよくする薬です。
●血瘀による頑固な固定性の鈍痛や刺痛(頭痛、胸痛など)に多々用いられます。
●慢性的に反復する出血(血便、皮下出血など)、腫瘤(肝腫、脾腫、子宮筋腫外傷後の血腫など)に多く用いられます。
●女性では、月経不順,月経痛、暗紅色の月経血で凝塊がまじる、無月経などがみられるものに使用されます。
●中年以降又は高血圧傾向のあるものの次の諸症状:頭痛・頭重・肩こり・のぼせ・動悸

 

●血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)適応症

狭心症、冠不全、慢性頭痛、偏頭痛、不眠症、胸痛、脳外傷後遺症、慢性肝炎、肝硬変、月経困難症、無月経、打撲による血腫などで、血オの症候を呈する方。お血(古く汚れた血)を取り除き、血をキレイにし、血液の循環をよくする。瘀血症(循環障害による胸痛・腹痛・頭痛・外傷痛)/行気活血化瘀の代表方剤/気滞血瘀。

 

他の詳細
商品名称 血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)
貯 蔵 密封。光を避け、乾燥した所に置いてください。
商品製作 [産地]万隆堂

 

 

レビュー(全部で0個のコメント)

  • まだいかなるユーザーの評論がありません
総計 0 レコード,全部で 1 ページ。 第一ページ 前ページ 次のページ 最後のページ
メンバーID: 匿名
タイトル:
評価:
本文:
認証コード: captcha
配送方法 | 【万隆堂】を初めてご利用の方 | 会社概要 | 健康情報 | sitemap