,田七人参,三七人参,田七,田七人参の効能,口コミ,効果,三七人参花,生理痛,漢方 田七人参
万隆堂

ホーム > 田七人参/三七人参 > 田七人参と高麗人参との違いは?

人気キーワード

田七人参と高麗人参との違いは?
万隆堂 / 2014-07-02

田七人参と高麗人参との違いは?

 
薬用人参として知られている田七人参と高麗人参には、特長や効能にどのような違いや共通点があるのかを解説していきます。
田七人参は薬効を持つ人参の王様
 
田七人参と高麗人参は、共に薬効の高さで知られている植物です。どちらもサポニンを含有していて、血液の浄化、免疫力を高める、疲労回復、強壮効果などの作用があります。
 
日本ではどちらかといえば高麗人参のほうが有名ですが、より効能に優れているのは田七人参でしょう。田七人参には高麗人参の3~7倍ものサポニンが含有されているため、高麗人参をしのぐ効能が認められているそうです。まさに薬効を持つ人参の王様と言えます。
 
ちなみに、田七人参や高麗人参はウコギ科の多年生植物で、私達が普段食べているオレンジ色の人参(セリ科の1年生植物)とは違うものですよ。
高麗人参との効能の違いとは?
 
田七人参と高麗人参には、その効能に違いがあります。血圧の高い方でも安心して飲用できるのが、田七人参のメリットです。
 
田七人参には血圧を下げる作用がありますが、高麗人参には血圧を上げる作用があります。そのため、高血圧や肥満の方が高麗人参を飲用する際には、分量などに注意してくださいね。
 
また、田七人参には血糖値の低下や肝機能の活性化といった効能があるのも特長です。さらに、抗ガン作用のあるインターフェロンを誘発する有機ゲルマニウムが含有されていることから、ガンの予防?抑制にも効果があると期待されています。
配送方法 | 【万隆堂】を初めてご利用の方 | 会社概要 | 健康情報 | sitemap