田七人参の分布,田七人参,三七人参,田七,田七人参の効能,口コミ,効果,三七人参花,生理痛,漢方 田七人参
万隆堂

ホーム > 田七人参/三七人参 > 田七人参の分布

人気キーワード

田七人参の分布
万隆堂 / 2014-07-02

田七人参 の栽培は、古来から雲南省と広西省がほぼ独占状態であり、高価な換金生薬でありながら、ほとんど広がっていません。特に雲南省南部のベトナム国境に近い文山は田七の里として有名です。中国以外ではベトナムでも一時栽培が試みられたことがあり、採算性の点から撤退していましたが、最近また中国から植物を導入し、栽培を始めたとの情報もあります。

海抜800?1,000mの山脚斜傾地で育成し、栽培は容易ではなく、播種後3?7年たたないと採掘できないことから、産地の雲南省では「三七」(さんしち)の名で呼ばれています。
田七人参は中国雲南省文山での栽培が約7割を占めています!
次のページ:田七人参の形態
前のページ:田七人参の別名
配送方法 | 【万隆堂】を初めてご利用の方 | 会社概要 | 健康情報 | sitemap