田七人参の特徴,三七人参の効能,一等級三七人参,三七人参 口コミ,三七人参と田七人参の違い,三七人参 効果,三七人参花,
万隆堂

ホーム > 田七人参/三七人参 > 田七人参の特徴

人気キーワード

田七人参の特徴
万隆堂 / 2014-07-02

田七人参 は雲南省や広西省の限られた地域に生育し、苗(ミャオ)族などの民族薬として古くから用いられてきました。

中国で1596年に出版された薬学書「本草綱目」に収載されていることから、その編集された時代には中国国内で広く知られる存在になっていたと考えられます。ベトナム戦争時に不死身と恐れられた中国や、その支援を受けた北ベトナム軍(当時)が止血薬として使用していたことがわかると、その存在が世界に知られることとなりました。さらに肝障害治療の伝統薬として著名な片仔廣(へんしこう)の主成分であることも影響し、現在では欧米や日本でも使用されるようになりました。また最近では根や根茎だけでなく、細根、茎葉、花(花蕾)なども総合利用されています。

 

配送方法 | 【万隆堂】を初めてご利用の方 | 会社概要 | 健康情報 | sitemap